美美白に効果のある有効成分

美白に良いといってもさまざま

美白に良いといわれる成分は色々とありますが効果もあれば肌へ刺激が強いものもありさまざまです。

 

  • ハイドロキノン
  • アルプチン
  • ルシノール
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • レチノイン酸
  • リノレン酸

 

ハイドロキノン

医療用のシミ取りにも使われてきた成分ですが効果が高いけど刺激も強いので敏感肌や乾燥肌の女性にはピリピリ痛く感じるかもしれません。

 

アルプチン

美白の定番成分でハイドロキノンの刺激を抑えたものになります。

 

ルシノール

美白効果というよりもシミ予防効果がる成分。これ以上シミを増やしたくないという女性に。合成が大変で高価です。

 

トラネキサム酸

合成アミノ酸で美白効果がありますが服用すると血液がどろどろになりますので飲まないよう注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体

アスコルピン酸は美白効果が高いですが酸化しやすいので安定し化粧水にするため誘導体としている。価格は安いが美白効果としては弱くなる。

 

抗酸化作用のあるビタミンCを浸透しやすくしてシミ、しわや毛穴のたるみ、ニキビを防ぐなどさまざまな効果が期待できる。

 

レチノイン酸

美白はありますが、使いすぎると蓄積性があるので肌に負担がかり湿疹などになる可能性があります。

 

リノレン酸

刺激は穏やかで美白効果があります。オリーブオイルやアマニ油などにも含まれています。

 

美白に効果がありシミを消してくれる成分にはその分リスクがあり刺激が強かったりしますので注意が必要です。

 

トップページへ戻る